安い金利でローンが組める!不動産担保ローンを選ぶ理由

安い金利での借入れは不動産担保ローンが理想的

事業を始めたり、マイホームを手に入れたりするためにはそれなりの資金が必要です。様々な金融ローンがある中で、低金利で借入れを行いたいのであれば不動産担保ローンが最も理想的と言えるでしょう。ここでは、不動産担保ローンの金利や利点について解説していきます。

各ローンの金利相場を比較する

  • 不動産担保ローン:1%~9%
  • 銀行ローン:3%~14%
  • ノンバンクのカードローン:3%~14%

上記を見る限り金利が低いのは圧倒的に不動産担保ローンで1%~9%です。続いて銀行ローンとノンバンクのカードローンは3%~14%と同じ金利になっています。結果的には、低金利で借入れを行うのであれば不動産担保ローンが良いようです。

不動産担保ローンの金利以外の利点

審査が通りやすい
不動産担保ローンの審査の際は、他のローンの審査よりも個人属性を重要視しません。その分、物件にどれくらいの価値があるのかを調べます。物件を担保にしてローンを組むので、もし借入れをした人が返済できなくても担保にした不動産を売却することができるからです。そのため、借入れる人よりも物件の価値の方が重要になってきます。
借入れ限度額が大きい
不動産担保ローンを組んだ時の限度額として、1億円~5億円まで借入れることができます。カードローンの限度額が500万円~1000万円のため、比較するとかなりの差があります。しかし、限度額は最大金額なので、担保にした不動産の価値が高ければ、高額な単位で借入れることができます。しかし、価値が低い不動産の場合はその分限度額が低くなります。
長期契約が可能
不動産担保ローンを組んだ場合、価値のある物件のなら限度額が上がります。そのため、借入れ金額を大きくすることができますが、カードローンのように短期間での返済が困難になります。しかし、不動産担保ローンの場合は長期契約が可能になります。その中でも、最大で30年間借入れができるものもあります。そのため、長期の契約でゆっくりとした返済計画を立てることができるのです。

連帯保証人が不要なケースもある

その他にも不動産担保ローンが選ばれるのは、連帯保証人がいらないという点も魅力のひとつです。急に高額な資金が必要になった場合は、メリットの多い不動産担保ローンを検討してみてはいかがでしょうか?

低金利の優良業者の特徴

不動産担保ローンを組んで資金を得ようと決めても、不動産担保ローンを提供している会社は数多くあるため、選ぶだけでも大変です。ローンを組む会社によってもどのように違うのか分かりません。ここからは、ランキングサイトなどでも人気が高い金融会社の特徴を紹介します。

A社の場合

  • 融資額:50万円~5億円
  • 年率:9.84%~18%
  • 返済方法:元金自由返済・元利均等返済・元金均等返済
  • 特徴:不動産担保ローン専門のノンバンクで、債務整理中でも不動産担保の条件次第で融資が可能となります。不動産の審査が通りやすく、競売物件や抵当順位に関係なく担保として申請が可能です。30年以上の事績がある、信頼性の高い会社と言えるでしょう。

B社の場合

  • 融資額: 300万円~3億円
  • 年率:6.0%~9.5%
  • 返済方法:元利均等返済(ボーナス併用可能です。)
  • 特徴: 不動産担保ローンを専門に行うノンバンクで、鑑定力が高いことが評価されています。さらに、事業エリアを狭くすることで、サービスの提供にも力を入れています。事業エリアを広く設定されているわけではないが、ローン商品は個人、法人問わず幅広く用意されています。

C社の場合

  • 融資額: 200万円~1億円
  • 年率:5.0%~12.8%
  • 返済方法: 元利均等返済、自由返済
  • 特徴: 柔軟な対応力を生かし急成長中のノンバンクです。返済期間が最長で30年と長く、金利も低いため、返済の負担を減らすことができます。自事業エリアが広いにもかかわらず、迅速な対応ができることで評価を得ています。担保にする不動産は、借地権付建物・共有持分権・狭小物件でも対応しています。

D社の場合

  • 融資額: 100万円~3000万円
  • 年率:6.8%~10.9%
  • 返済方法: 毎月元利均等返済、ボーナス併用返済
  • 特徴: 年率や融資条件が違うコースが4つあり、資金用途によって変わります。融資できるのは個人だけではなく、法人や事業主にも対応してくれます。評価額によっては二番・三番抵当でも融資することは可能で、時期によってはキャンペーン金利を適用されることもあります。

上記の記載は、全て不動産担保ローンの内容を会社別でまとめたものです。見て分かるように、不動産担保ローンと言ってもサービスや金利は様々です。それぞれの情報を比較して理想的なサービスを利用すると良いでしょう。

不動産担保ローンを選ぶ際のポイント

不動産担保ローンを申し込む際は、金利以外にも前もって確認するべき点があることを知っておくことがポイント。トラブルを回避するためにも役立つ情報となります。

不動産担保ローンの選び方とは

諸経費の確認
諸費用は見落としやすい点ですが、契約前に知っておきたい重要な点です。諸費用には、事務手数料や振込手数料、登録費用、収入印紙代、調査料などが含まれます。諸費用だけを計算して合計を出すと、100万円以上かかるのは当たり前のようになっています。見落としやすい点だが、金額は大きいものなので、契約前には必ず確認しておく必要があります。
融資実行までにかかる期間の確認
不動産担保ローンでは、ローンを組んで融資してもらうまでには時間がかかります。融資までにかかる時間を前もって確認しておかないと、必要な時になって資金を作ることができなくなってしまいます。不動産担保ローンの場合、所有物件の価値を調べる時間が必要となります。この調査には数日かかることを把握しておきましょう。
業者の専門性の確認
不動産担保ローンを契約する際には、不動産担保ローン専門の会社か、不動産担保ローンの専門部署であるかどうかを確認しましょう。それと同時に正規の貸金登録業者の登録番号が記載されているかも確認しましょう。それがない場合には銀行からではなく、信販系の金融機関で検討する可能性もあります。専門的な会社でない場合には、担保である不動産の評価をきちんとできない可能性もあります。

ローン契約に発生する諸費用や融資が実行される期間、専門の会社かということを踏まえて確認すると優良業者を見つけることができるでしょう。

TOPボタン